Photo Gallery

仙台市議会公明党会派緊急要望の一つに「発熱外来」がありますが、少し形は違いますが、7月1日よりスタートいたします。

以下は、産経新聞社さんの記事です。

発熱患者の診療先をコールセンターで紹介 仙台市、7月1日から(産経新聞社)
20200630-1_2020063019214119e.jpg
42年前に宮城県沖地震が発生した本日は、「みやぎ県民防災の日」です。
午前中、避難所における感染症対策の課題を探るため、鎌田城行市議と遠藤のぶゆき県議と共に、仙台市立五城中学校を視察しました。
校長先生によると、新型コロナウイルスの感染防止に向けて、避難所として体育館だけでなく武道場や特別教室なども開放することを考えているものの、人々が分散すればそれだけ職員のマンパワーも必要になることから、受け入れ人数は従来より少なくせざるを得ないだろう、とのこと。
また、マスクや消毒液等の衛生用品の備蓄は、まだ市からの供給がなく、これからという状況でした。さらに普通教室へのエアコンの整備に伴って灯油の配給量が少なくなったため、冬期の避難所における燃料不足が懸念される、との指摘もありました。
東北も梅雨入りし、水害の可能性が高まる時期になりました。また、大地震はいつ発生してもおかしくありません。新型コロナウイルスの第2波が想定される中、避難所で集団感染を発生させないよう、危機感をもって対策を進めていく必要があります。

20200612_1.jpg

20200612_2.jpg

河北新報さんにご紹介頂きました。
鈴木勇治議長の公約の一つであり、各会派の代表の方と実現に向けて努力していきたいと思います。

仙台市議会、タブレット端末導入へ ペーパーレス推進目指す(河北新報ONLINE NEWS)
safe_image.jpeg



公明党仙台市議団は6月1日、市議会第2回定例会召集を前に、郡市長に対して「新型コロナウイルス感染防止等に関する緊急要望(第5次)」を行いました。
今回は、「事業・雇用の現場を守る」「医療・介護の現場を守る」「地域・生活の現場を守る」「学校・避難所の現場を守る」との4つの観点から18項目にわたり要望。国の第2次補正予算成立も見据え的確に手を打つことで、コロナ禍第2波、第3波に備えていくことを訴えました。

20200601公明党仙台市議団第5次要望最終版.PDF

20200601_4.jpg


エスケットは、学校と教育委員会とは別に、専門的な知見を持つ第三者の協力で、いじめや虐待などの解決を目指すための施設です。
 仙台市では近年3年間で、同級生によるいじめが原因で男子中学生が自殺した事案が3件、さらに2018年11月、小学2年生の女子児童へのいじめ被害を苦に、母親が女児とと無理心中した事件が発生しました。こうした深刻な事態を受け、会派として心の問題に詳しい専門家が対応する公的な相談窓口の設置を強く要望して参りました。
このたび開設が決定し、大変喜ばしく、いじめや虐待などの解決を目指していっていただきたいと思います。

エスケットの相談受付は予約制で下記のとおりです。
メールアドレス s-ket@city.sendai.jp

フリーダイヤル 0120-303-836

開設時間は日曜・祝祭日及び年末年始を除く、月・水・木・土曜日の午前10時~午後5時。火・金曜日は正午~午後7時迄です。


仙台市青葉区ニッカウイスキー工場の先、新川岩谷堂西地域の方から、「先日の大雨で家に雨水が流れ込みそうで心配」とのことで現場を調査しました。「コロナ禍の中、来てきていただき」と感謝され、恐縮しましたが、昨年の台風被害のこともありますので対策を当局と検討すると約束しました。

20200601_1.jpg

20200601_2.jpg

20200601_3.jpg
公明党仙台市議団の訴えが実り、本日、仙台市の水道と下水道の7・8月分の基本料金の減免が決定しました。



1.対象者:水道·下水道を使用している全てのお客さま

 ※地域下水道、農業集落排水処理施設、公設浄化槽を使用されている方も対象となります

2 内容:水道の基本料金および下水道の基本使用料(2カ月分)の減免

3 対象期間:7月および8月検針分

4 減免金額:
 
(1)平均的なご家庭(給水管の口径が20mmの場合)の減免金額 4,296円
 
・水道基本料金 2,750円(税込)

 ・下水道基本使用料 1,546円(税込)

 (2)減免総額 約19億6千万円
 (水道事業会計および下水道事業会計で負担)

5 申請方法:申請は不要です

「新型コロナウイルスの影響により水道料金等のお支払いが困難な方に対しては、支払いの猶予など納入に関する相談に応じるなど、引き続き柔軟に対応していきます」とのことです。
仙台市の特別定額給付金のスケジュールが示されました。

☆オンライン申請☆受付開始は5月18日(月)

☆郵送申請☆案内の郵送は25日(月)〜6月初旬

☆ダウンロード式☆郵送の到着が待てない方のために18日~5月末ホームページで所定様式用紙をダウンロードして申請できるようになります。
皆さまのところへ振り込まれるのは、早ければ

☆オンライン申請で5月下旬から

☆郵送申請で6月初旬から

☆ダウンロード申請で5月末から
見込まれます。

ダウンロードによる申請は、ご自身で記載するため書き間違いの無いようにご注意を、とのことでした。
ご案内、ご相談のためのコールセンターが設置される予定です。
今日の記者発表による更新前のページですが、取り急ぎ、以下もご参照ください。



仙台市リンク:特別定額給付金
20200512_1.jpeg
公明党仙台市議団団長の鈴木ひろやす市議と遠藤県議とともに
福祉法人 陽光会 仙台エコー医療療育センターの院長に「善意のマスク」をお渡ししました。
大変に喜んでいただきました。
受付では体温測定、体調・過去2週間の行動歴の記入をして入ります。ここは重度障害者の方の施設で、そもそも人工呼吸器を装着している方もおり、「感染イコール死」という現場であるお話を聞かせていただきました。先々の不安解消になると、大変に喜んでいただきました。

20200430_1.jpg
コロナ関係ではありませんが、
市道サイカチ沼線 仲芝橋、青葉区上愛子字芦見 地内 仲芝橋の前後400mの区間が通行止めとなります。
期間は看板設置などでお知らせがありますが、ご利用される住民の方はお気をつけ下さい。

20200427_1.jpg
このたび、公明党宮城県本部ニュースを発行いたしました。新型コロナウイルス感染症に関する、これまでの公明党宮城県本部の取り組みについてまとめてあります。また、各種相談窓口の電話番号も紹介しています。
A3両面カラー二つ折。今後、党員・支持者の方々を中心に、郵送やポスティング等でお渡ししていきたいと思います。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、人と会う機会を極力減らしているせいか、「議員の動きが見えない」というご指摘もいただくようになってきました。
公明党の取り組みについて、ニュースを通して少しでも知って頂き、また、ご意見やご指導をいただければ幸いです。

20200425_1.jpg
20200425_2.jpg

WHAT'S NEW?