Photo Gallery

 同僚の鎌田、鈴木議員と沖縄県那覇市、糸満市、読谷村を8月12日から14日まで視察しました。

 着いてすぐに那覇市議会に行き、高齢者福祉事業の先進事例である「ふれあいコール事業」を学びました。独居老人の安否を電話で定期的に確認する事業です。7月から始まった事業で現在は1名の利用ですが問い合わせが多く、大変に関心が高いとのことでした。

030812_01.jpg

 翌日、実施団体であるNPO法人ゆんたの会を訪ね、理事長からお話を聞き、オペレーターの方からもお話を聞きました。とにかく相手の方に喜ばれ、電話をかけるほうも生きがいを感じているとのことでした。その後、糸満市の平和祈念資料館を見学しました。敷地内に各県の慰霊塔があり、宮城県の塔に行きご冥福を祈らせていただきました。あらためて戦争の悲惨さを学び、平和への心と普段の努力の実践の必要性を痛感いたしました。

040823_02.jpg

 最終日は読谷村へ行き文化事業を学びました。町の大半が米軍の基地で文化を町の根本としているとのことで、世界遺産に指定された座喜味城跡を舞台として活用している点を強調されていました。文化財を単に整備・保存するのではなく、活用するという発想はすばらしいと感動を覚えました。

WHAT'S NEW?