Photo Gallery

050526.jpg

 初めに、浜松市役所で音・かおり・光に関する生活環境創造計画について視察いたしました。
 浜松市では、平成13年度から「冬の蛍フェスタ」開催し、音・かおり・光をまちづくりに活用する取り組みを行っており、「遠州灘の海鳴り・波小僧」が「音風景100選」に、「浜松のうなぎ」が「かおり風景100選」にそれぞれ環境省から認定されるなど高く評価されていました。一方では都市化の進展や住宅の密集化などにより、騒音、悪臭、光害などの感覚公害に関して市に寄せられる苦情が増加し課題となっており、このような背景を踏まえ「浜松市における音・かおり・光に関する生活環境創造計画を策定したとのことです。

 次に、「子育て家庭支援センター」に移動し、子育て支援について視察しました。
 支援センターは公設民営で、民間保育園が入っていました。特徴としては市民と行政が一緒になって情報を発信するホームページをつくり、手当てや助成、検診や予防接種などの行政情報と、子育て経験者が集めた口コミ情報をひとつにまとめて子育て総合情報を提供していました。私が感心したのは、事業の一つで学校に訪問し中高生に赤ちゃんを抱かせ、命の大切さ、子育てを学ばせている点でした。また、同じ赤ちゃんが同じ子供を訪問し成長の度合いを見せていました。

WHAT'S NEW?