Photo Gallery

050624.jpg


 平成15年9月18日、東西線建設計画は鉄道事業法の許可を得て、いよいよ事業を本格的に推進する段階になり更なる推進の立場から会派で視察いたしました。

 昭和62年に地下鉄南北線が整備されましたが、南西部や南東部を中心に鉄道利用の空白区域が残っており環境問題や都市交通問題が深刻化を増しており、東西線の整備が21世紀仙台の均衡ある発展を支えるために必要不可欠な事業であります。
 今回は、昨日都市計画審議会で都市計画の承認を得られた報告と、あらためて整備推進の取り組み、また細部にわたる計画たとえば、駅出入り口の用地買収、駅舎等について説明を受けました。
 東西線が開業し、新しく生まれ変わった仙台の姿に思いを馳せると、一日も早い開業を期待するものであります。市民の皆様とともに、開業をめざして全力で取り組んでまいりたいと決意を新たにいたしました。

WHAT'S NEW?