Photo Gallery

 中国製冷凍ギョーザ事件事件の発生があり輸入食品の安全対策を探るため、我が党副代表の井上義久衆議院議員も同行し、塩釜市にある仙台検疫所を視察しました。

080225.jpg

 同検疫所の山口秀一次長らから、基本的な検疫業務の概要と配置状況についてまず話があり、2008年度の輸入食品監視指導計画における改正点について① 約8万件の食品類をモニタリング検査計画の対象にする他、残留農薬など検査項目を拡充②食品衛生法を順守した原材料や添加物、製造方法であることの再確認を輸入者に求める指導の徹底などが強化された説明を受けました。その上で、「食品に関する危害情報を迅速に収集し、県や市との連携で、ただちに回収措置が取れるよう努力したい」と述べられました。
 食の安全・安心を守ることが大事な問題で、県・市の連携が不十分であれば危機管理体制というものをきちんと作ることが重要であると思いました。

WHAT'S NEW?