Photo Gallery

これまでの震災対策要望、議会質問で取り上げ、本市では6月8日から22日まで市内小中学校、幼稚園・保育所、児童館、公園など約700地点で放射線の調査を行い、20日からは、新たに63か所を選び、週に一度の頻度でモニタリング(継続監視)も始まりました。

しかしながら、子育て中の母親から子どもへの影響を心配する声が多く上がっているということをふまえ、

①放射線量のモニタリングの公表
②個人被ばく線量計の配布
③市民への情報発信の強化
④ガイドラインの作成
⑤放射線の基礎知識を学ぶ講演会の実施

―の計5項目を緊急に要請いたしました。奥山市長からは「貴重な意見であり、調査の充実と情報公開に努めていく」との発言がありました。

緊急要望全文

2011_0628_2.jpg
2011_0628_3.jpg
2011_0628_4.jpg

WHAT'S NEW?