Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金沢市の観光施策と「金沢学生のまち市民交流館」を会派で視察しました。

14日に北陸新幹線が開業し話題になっており、本市も次元は違いますが地下鉄東西線が12月に開業を控え、どのような取り組みをしたのか調査しました。金沢市では平成25年度から取り組んでおり、大きく分けて首都圏側と金沢側の二つの観点にたち、首都圏の交流人口の拡大のためのプロモーション強化とおもてなしの気運醸成など受け入れ環境の整備に取り組んだとのことでした

「金沢学生のまち市民交流館」ついては、本市でも全国的に知られた市民活動サポートセンターがあり、同じようなものかと思っていましたが、まず学生に視点を当てさまざまな活動をしていただき、市民の皆さんと交流する「場」であることが特徴でした。この経緯については昔から教育に力を入れていて、学生さんを大切にする雰囲気があるとのことでした。大正時代からの金澤町家を改修したもので、趣きのある建物でした。観光施策、市民協働にしても根底に流れているのは、行政主導ではなく市民の自発性を最大限生かしている点が参考になりました。市民協働については今後別の角度から調査してみたいと思いました。

2014_0315_1.jpg
2014_0315_2.jpg
2014_0315_3.jpg
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。