Photo Gallery

仙台泉ヶ岳トレイルラン 横川コース復活後の提案ということで、以前案内同行していただいた方より、現状の調査とそれに基づくご提案をいただきました。
行政に働きかけるとともに、貴重な調査報告とご提案に心より敬意と感謝を申し上げ、ご紹介させていただきます。


【以下報告】
今年前半に、一昨年大崩れしたところが工事完了になっておりました。ただ残念なことは横川コース林道下が昨年と同じであったことです。同行人とよく打ち合わせた結果、泉ヶ岳周辺はよく整備されておりますが、定義は大倉川コース廃道・横川コース林道下廃道・後白髪コース下部林道下廃道(大昔は登山口が違っていた)で登山道が減っており標識も非常に少ないです。

そこで写真に記載したような提案をする次第です。山小屋設置と定義森林鉄道跡の案内板設置含めて考えてもらいたいです。更に標識の作り方にも問題があります。桑沼分岐の標識は桑沼が壊れております。後白髪コース・横川コースの標識は熊の爪で引っかけられた跡があります。横川コース・蛇ヶ岳三又路標識は傾いている。標識は水分を吸わない合成樹脂の角棒に字を張り付けたステンレスの板を張り付け、背は低くてよいです。熊被害、雪渓は動き、染み込んだ水は凍ると膨張するを考えて作らなければなりません。  以上

2017_0731_15.jpg



2017_0731_2.jpg
㊱横川林道始点
 横川コースを壊して、横川林道の一部、神掛林道にして通行止めとは言語道断である。
 ここの通行止めは冬場すなわち11月上旬から4月下旬までが望ましい。
 前回②である。

2017_0731_3.jpg
㊲横川林道・ふるさと緑の道を結ぶ道入口
 ここは整備すべきである。標識も必要である。
 前回③である。

2017_0731_4.jpg
㊳横川林道・ふるさと緑の道を結ぶ道出口
 ふるさと緑の道には多くの標識がある。ここにも標識が必要である。
 前回⑥である。

2017_0731_5.jpg
㊴横川林道・神掛林道合流点
 ここを通行止めとするのである。ここまで危険な個所は全くない。神掛林道は横川コースを広げたもので自由通行だろう。標識が必要である。
 前回⑦である。

2017_0731_6.jpg
㊵芳沼平
 ここに大昔民家数軒があり、絶好の釣り場である芳沼を通って林道上部に行く道がある。ここでトラブルを起こして林道通行止めとなった。民家もないしトラブルの道であるため、インターネットから消すべきである。

2017_0731_7.jpg
㊶横川林道・井戸沢林道合流点
 井戸沢林道を通って泉コース熊の平につながっている。標識が必要である。

2017_0731_8.jpg
㊷横川コース登山口と一部整備された横川コース林道下
 林道下の標識が必要である。
 前回㉗⑮である。

2017_0731_9.jpg
㊸横川コース林道下神掛川に降りたところ
 ここに木にかける標識が必要である。
 前回㉘⑪である。

2017_0731_10.jpg
㊹神掛林道終点
 ここにも標識が必要である。
 前回㉙⑨である。

2017_0731_11.jpg
㊺神掛林道車両進入可能地
 ここまで早急な整備をお願いしたい。標識も必要である。
 前回㉚⑧である。

2017_0731_12.jpg
CV) 大崩れの工事案内があった場所
 案内板がなくなっていた。

2017_0731_13.jpg
CIV) 大崩れの重機のあった場所
 ガードレールが新しくなっていた。

2017_0731_14.jpg
CVI) 大崩れの重機のあった場所
 予想通り早急な復旧に感謝します。

【過去関連記事】
仙台泉ヶ岳トレイルラン2016 横川コース完全復活間近いⅡ 2016年12月10日 (2016/12/10)
仙台泉ヶ岳トレイルラン2016 視察 2016年9月25日(日) (2016/09/25)
仙台泉ヶ岳トレイルラン2016 横川コース完全復活間近い 2016年6月30日(木) (2016/06/30)
仙台泉ヶ岳トレイルラン2015 旧40㎞コース復活の為の調査Ⅱ 2015年12月11日(金)
仙台泉ヶ岳トレイルラン2015 旧40㎞コース復活の為の調査Ⅱ 2015年6月29日
平成26年第3回定例会決算等審査特別委員会(市民費)で質問2014年9月26日(金)
仙台泉ヶ岳トレイルラン2014 旧40㎞コース復活の為の調査2014年9月14日(日)
泉ヶ岳アウトドアスポーツ2013 横川林道調査報告 2013年11月8日(金)
泉ヶ岳アウトドアスポーツ2013、横川林道調査 2013年9月1日(日)

WHAT'S NEW?