仙台泉ヶ岳トレイルラン2018 横川コース完全復活間近いⅢ 2018年5月24日

 24, 2018 20:49
昨年は横川コース復活後の提案として調査報告がありました。

今回もまた調査報告がありました。
今回の調査で大崩れ上部が重機による完全整備ではなく,刈払機による整備がなされており、道路幅が広くなったような状態でした。

昨年と同じ残念なことは、横川コース林道下は昨年と同じであったことです。わずかに神掛林道車両進入可能地上部が少し整備されていたことです。
今年中に私が再度横川コース林道下と横川林道・ふるさと緑の道を結ぶ連絡道を調査するつもりでおります。横川コース復活となれば、私の選挙公約であるトレイルランコースを設定しますが可能になります。

山の日祝日制度になったことですし、定義で登山者の姿はほとんど見ません。定義から入山者が増え、三峰山・後白髪山・船形山への登山が増えることを期待するつもりです。

更には仙台市が建設した太白区大東岳山中にある樋の沢避難小屋(トイレ無し)、トイレ付きで横川コース登山口、水源に建設されれば更なる入山者増を期待するつもりです。

以下、報告していただいた写真とコメントです。本当にありがとうございます。

・5月6日調査しました。
・連絡道は入口のみの調査(車両進入できない。歩いて30分位)
・林道下は横川コース登山口(車両進入可能)から神掛林道終点までです。下り30分、上り45分位

36 I
▲〔36 I〕横川林道始点
 施錠がなかった。上部で伐採作業があるため施錠がなかったのだろう。終われば施錠されるだろう。変わらずである。

37 I
▲〔37 I〕横川林道・ふるさと緑の道を結ぶ道入口
 変わらずである。整備を期待したい。

39 I
▲〔39 I〕横川林道・神掛林道合流点
 伐採作業が行われていた。この作業で施錠がなかったのだろう。変わらずである。

41 I
▲〔41 I〕横川林道・井戸沢林道合流点
 小さな落石が毎年のように発生する。井戸沢林道を作る時の失敗だろう。落石があっても少し上部に新たな道を作れば問題はない。

42 I
▲〔42 I〕横川コース登山口と一部整備された横川コース林道下
 登山口が刈り払いされていた。林道下は変わらずである。
 矢びつ沢橋前後のA,B付近が刈り払いされていた。林道下を調査したい。

45 I
▲〔45 I〕神掛林道車両進入可能地
 わずかな距離が刈り払いされていた。神掛林道終点は全く変わらずである。早急な整備を期待したい。

CVⅡ
▲〔CVII〕大崩れの場所
 整備されて変わらずである。昨年の落石は取り除かれていた。

CVⅢ
▲〔CVIII〕大崩れ上部
 大きな落石があった。早急に取り除かれるだろう。
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?