仙台市消防航空隊新庁舎視察 2018年5月28日(月)

 28, 2018 17:37
平成23年3月の東日本大震災において仙台市消防ヘリポート(旧若林消防署荒浜航空分署)が津波で被災したことから、新たな活動拠点確保のため宮城県と共同で整備を進め、平成30年4月1日から新庁舎での運用を開始され、各派代表者と視察しました。

市内の搭乗飛行もあり、上空からの仙台を見ることもでき貴重な体験をさせていただきました。

20180528_1.jpg
▲概要説明


20180528_2.jpg
▲司令室


20180528_3.jpg
▲救助用具説明


20180528_4.jpg
20180528_5.jpg
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?